「おしゃれ心」…色の分析

分析ってじつに難しい

本日は少し専門的なお話です

カラー診断を受けられたことありますか?


なるべく
お昼間に明るいところで
お顔が綺麗に見える色を
分析していきます。

美しい着こなしのコツとして
欠かせないのが
色のトーンを合わせる事です!

上級者になると
ワザと外して遊ぶって
ファッションもあるけれど🤣


一般的にはトーンを合わせると
違和感は無くおしゃれに見えるって

知っておいてくださいね


トーン?
同じ色でもトーンが違うと
似合うお色が必ずあります

パーソナルカラーでは12色のの色を用いて

色相→

同じ色でもイエローベースと
ブルーベースで分けていきます

明度→

色のグラデーション!
明るい〜暗い

彩度→

色の鮮やかさの度合い
低くなるほど無彩色と
高くなるほど原色に近づく

もう一つ
清濁って括りがあって

清色→澄んだ色
濁色→濁った色


このような

各方面から分析して
自分のパーソナルカラーを見つけます

どのトーンのグループが一番合ってるのかを
発見する事で

お洋服の買い方が変わります👌


ただ、

何回かブログでお伝えしたように
色は間違った解釈をしやすい部分もあります


診断では誰でも共通して感じる
固有感情とは

例えばイエローベースの

黄色みよりのテストカラーを
胸に当てると顔の色みが強くなる
青みよりのテストカラーにすると
顔の色みがぬけてみえるなどです

赤の毛布なら暖かく感じ
青の毛布なら寒そうに感じる
ような事

主観的な判断が入りやすい

表現感情とは

例えばテストカラーを当てると
「血色がよく見える」と感じる人や
「黄ばんでくすむ」と感じる人
このように人によって異なる感情
ような事です


そこを正しく診断できるか大切ですね
また、カラーには
意外性とか
ウェイトとか
使い方
好き嫌いなどなど
人それぞれの個性があります。

そこをどのように取り入れるか
それをお伝えするのが

ファッションに携わる

イメージコンサルタントの仕事です!


ご自身を確かめたくなったら
気軽に気軽にご連絡下さい
いつでもお待ちしております( ◠‿◠ )


イメージコンサルタント札幌
La poche(ラ・ポッシュ)
平澤 敦子


※初回のメールでのご質問は無料です
お悩みがありましたらご連絡下さいね🤗

http://www.la-poche.jp
連絡先
info@la-poche.jp


La poche イメージコンサルタント札幌

あなたとともに・・・

0コメント

  • 1000 / 1000